Author Archive

ブラックリストと自己破産

ブラックリストに載りたくないので自己破産はしたくないという方がいますね。確かにブラックリストに載ってしまうとそれから一定期間借り入れができなくなるので、自己破産はしたくないと思うかもしれません。

でも、ブラックリストに載ると言っても5年~10年の期間で一生借り入れができなくなるわけではありません。信用情報機関に登録されている自己破産の記録は、CIC、JICCなら5年、全国銀行個人信用情報センターなら10年で消えます。その間は借金をしないで暮らすという決意をすればいいだけです。

 

また、自己破産すると、住宅も車やその他の高価な所有物も失うので、躊躇する方もいます。でも、自己破産をすればすべての借金から解放されて新たなスタートを切ることができます。

ブラックリストに一定期間載ることは、本人にとってもいいことですね。その期間はお金を借りられないので、また、借金をして返済できなくなるという最悪の事態を避けられます。自己破産をした方の中にはもっと早く手続きをしていればよかったという人も結構いますよ。

ブラックリストに載らないためには

一般に言うブラックリストというのは、警戒を要する人物や団体が記載されている一覧表のことですね。

ローンに関してよく言われるブラックリストというのも金融機関からすると警戒を要する、お金を貸したくない人のリストのことです。でも、実際にこのようなリストがあるわけではなく、ある人の債務整理などの記録が信用情報機関に登録さえた場合、その人はブラックリストに載せられたといういい方をします。

誰でもこのようなブラックリストには載せられたくないものです。では、ブラックリストに載らないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

 

一番いいのはお金を借りないことです。自分の経済能力の範囲内で、つつましく暮らすことです。もし、お金が足りないと思ったら、すぐに借金をするのではなく、節約するとか所有物を売るとかの方法を考えます。それもだめで、どうしてもお金を借りる必要があると思ったら、返済能力の範囲内で借りるようにします。

 

返済計画を十分に立てて確実に返せるようにします。ときどき自動車ローンは借金だと思っていない人がいるという話を聞きますが、そのような人は将来ブラックリストに載る可能性大です。

 

そして返済が遅れてもブラックリストに載りますので、遅延がないようにきちんと返済しましょう。また、1つの金融機関の審査に落ちたからと言って短期間に次々と申し込むといわゆる「申し込みブラック」になります。信用情報機関には、申し込みの記録も登録されるので、金融機関からすれば、申し込んでは審査に落ちている人にはお金を貸したくありません。ですから、一つのローンの審査に落ちたら少し期間を開けて申し込んだほうがいいですね。

 

信用情報機関について話してきましたが、実際にはめったに信用情報を見たりする機会はありません。

お金を借りたとしてもきちんと返済して延滞さえしなければ特に問題になることもないので安心して下さい。

私も1年ほど前にキャッシングをしましたが、何の問題もなく生活できています。というかキャッシングして助かりました。

その時に参考にしたHPがこれ→即日融資振込みOK!~大阪おばちゃんのキャッシング体験まとめ~

ブラックリストの登録を解除してくれる業者?

「あなたは既にブラックリストに登録されています。それを解除するには、登録解除費用と融資返済金の振り込みが必要です。」というダイレクトメールが届きました。あなたは多重債務者なのでこれは助かると思いさっそく指定された口座にお金を振り込みます。だまされたと気づいた時にはすでに数百万円のお金を失っています。

これは、融資保証金詐欺の手口で、悪質業者が不正に多重債務者の情報を手に入れて、お金をだまし取ろうとするものです。ブラックリストに載っているつまり、信用情報機関に債務整理等の事故情報が登録されている人が、それを解除してもらう方法などありません。

 

5年から10年はいわゆる「ブラックリスト」に名前が載っている状態になりますので、その間はローンやクレジットを利用しないで生活するほかありません。

ブラックリストから登録を解除してあげますというのは真っ赤なウソですから、そんな話には乗らないようにしてくださいね。

ブラックリストに載ってしまったら

ブラックリストに載る、つまり信用情報機関に事故情報が登録されてしまうと、その後の借り入れができなくなります。信用情報機関というのは全国銀行個人信用情報センター、CIC、JICCのような団体です。クレジットやキャッシングを利用した人の信用情報はいずれかの信用情報機関に登録されています。

 

各金融機関はこの3つのいずれか一つあるいは全部の信用情報機関の会員となっているので、借り入れの申し込みがあった場合に、その人の借り入れ状況などについて信用状機関に問い合わせ確認することができます。また、この3つの信用情報機関は互いに情報を共有しているので、金融機関は自分が会員となっていない情報機関の情報も得ることができます。

信用情報機関に事故の記録が登録される期間は5年から10年でその間は新たな借り入れができなくなります。ですから、債務整理等をした場合は、登録が抹消されるのを待ってから申し込んだほうが賢明です。ブラックリストに載ってしまったら、数年間は借金をしないで暮らす方法を学ぶ機会だと考えてください。借金はしないに越したことはありませんから。

 

最近は主婦の人もこういった事態が多いみたいなのでお金を借りる時は計画的に利用しましょう!専業主婦が安心して利用できるカードローンはこちらをご覧ください。

ブラックリストと過払い金請求

過払い金請求というのは、払いすぎた利息を金融機関から取り戻すための手続きですね。どうして過払い金請求というのがどうして必要になったかというと、2010年6月に改正貸金業法が施行されて金利の上限が利息制限法の範囲内である15%~20%になったからです。

 

でも法律が施行される前は、出資法の上限金利である29.2%で借りていた人もいます。そうするたくさんの利息を払っていたことになるので、その分を返してもらうように請求できるわけです。完済していても完済してから10年以内なら過払い金請求ができます。

 
ただ、過払い金請求をするとブラックリストに載るのではないかという心配もありますね。でも、必ずしもブラックリストに載るとは限りません。2010年からは、返済中であっても過払い金返還請求をして債務がゼロになり、支払い過ぎたお金も返還されたなら、個人信用情報機関には登録されないことになりました。

 

ただし、2010年以前に過払い金請求をした方はブラックリストに載っていることになります。また、2010年以降であっても過払い金請求をしても債務が残る場合は、ブラックリストに載ってしまいます。

でも、ブラックリストに載ったとしても債務が軽減されるなら、そのほうがいいんじゃないかと思います。返済に来る日んでいる方なら、自分の場合は過払い金請求ができるかどうか一度専門家に相談してみるのはいかがでしょう?

ブラックリストは閲覧できるか?

ローンの申し込みをしたいけれど、自分はブラックリストに載っているのかと気になることがありますね。つまり、自分の信用情報にはどんな内容が登録されているのか気になるということです。登録されている信用情報の内容を確認した上で、ローンの申し込みを検討したいと思う人もいるかもしれません。そのようなときは信用情報機関に自分の信用情報の開示を求めれば、自分がブラックリストに載っているかどうか確認することができますよ。

信用情報機関は全国銀行協会、CIC、JICCです。これらの機関に申し込めば自分の信用情報を確認できます。確認できるのは登録されている氏名、生年月日、電話番号、クレジットやローンなどの利用金額や残高など、支払遅延、法的手続きの有無などです。支払遅延や法的手続きの記録があればブラックリストに載っているということになります。

 

また、信用情報を開示してもらったら、心当たりがない内容が登録されていたり、事実と異なる情報が登録されていたなら、調査確認依頼をすれば、その信用情報機関が、その情報を登録した会社に確認してくれます。

ブラックリストに載っていないと分かれば、安心してローンの申し込みができますね。

 

ブラックリストに登録されている人で以外に多いのが学生。キャッシングの知識が浅いので考えずに借入してしまいがちだそうです。そうならないためにも計画的に利用しないといけませんね。

学生でも借りれる安心のカードローンが紹介されているサイト】では学生に合わせたキャッシングができるカードローンが紹介されていて、どれも知名度があるので安心して利用できると思います。

どんな人がブラックリストに載るのか?

もし、自分が人間関係に関するブラックリストを作るとしたら、どんな人たちをブラックリストに載せるでしょうか?たとえば、平気でうそをつく人、約束を守らない人、自己中心的な人、怒りっぽい人などいろいろあると思います。逆にホワイトリストに載せたいと思うのは、正直で、約束を守る人、相手の立場に立って物事を考えられる人などかもしれませんね。

では、金融機関がブラックリストに載せる人はどんな人でしょう?それは返済能力や信頼性の点で疑惑がある人ですね。たとえば、複数の金融機関から多額のお金を借りている、過去に何回も遅延がある、債務整理や自己破産をしたことがあるというような人です。

金融機関が借り入れ希望者の信用情報機関に信用情報の開示を求めて、そこに過去のはなはだしい延滞やその他の事故情報があれば、ブラックリスト入りすることは確実です。また、延滞や債務整理などはないものの、短期間に繰り返しローンの申し込みをしている人も金融機関から「相当お金に困っている人」と見なされブラックリスト入りです。

とはいえ、信用情報機関に事故情報が登録されている期間は5年から10年なので、その間にお金の賢明な使い方を学んで、返済能力も信頼性もある人になっていれば、ホワイトリストに載せられて、またお金を借りることは可能ですよ。

信用情報機関について詳しく解説されているサイト→専業主婦でも借りれるカードローン※内緒で借りる方法大公開!

ブラックリストは永久?

自分はブラックリストに載っているからもうローンは組めないという人もいらっしゃるでしょう。確かにブラックリストに載せられている人は、金融機関も返済能力や信用性を疑いますので、審査に落ちてしまい、ローンを組むことができません。でも、一度ブラックリストに載ってしまったら永久にローンが組めないというわけではないんですよ。

 

なぜかというと、信用情報機関に登録されている事故情報は一定期間を過ぎると、抹消されるからです。登録される期間は信用情報機関によって多少異なりますが、JICCの場合なら、遅延、債権回収や債務整理、保証履行、強制解約、破産申立の記録は、5年たてば抹消されます。また申込の記録は、申込日から6ヵ月で抹消されます。ですから自己破産した方なら5年を過ぎれば、ブラックリストから名前が消されて借り入れができるということになりますね。

 

ただし、もう一つの信用情報機関である全国銀行個人信用情報センターの場合は、破産や民事再生の手続きが開始されたという事実は10年間登録されたままになっています。ですから、銀行のローンを組んで自己破産したり民事再生の手続きをした方は10年を過ぎてから申し込んだほうが無難ですよ。

 

こういうわけでラックリストに永久に記録が残るわけではないのですが、一定期間借り入れができなくなるので、やはり最初からブラックリストに載らないように計画的にお金を借りるのが一番ですね。

 

ブラックリスト入りしてしまうよくある原因の一つがクレジットカードの滞納です。支払いが滞るとブラックリストに登録されてしまうので注意が必要です。そのルールさえ守れればクレジットカードは非常に便利なので1枚は持っておくことをオススメします。

 

参考→即日発行ができるクレジットカードが紹介されているサイト

ブラックリストと闇金

「ブラックでも借りられます」「ブラックの方大歓迎!」というような宣伝文句を雑誌やインターネットで目にすることがありますね。「ブラックの方」というのは、過去にはなはだしい延滞の記録があったり、自己破産や個人再生などの記録がまだ信用情報機関に残っている人のことです。

まともな貸金業者ならこのような人にはお金を貸したくないものです。貸しても回収できない確率が高いからです。でも、闇金は「ブラック」になって困っている人に目をつけ、甘い言葉で誘って、お金を貸し、延々と不法な利息をしぼりとります。

 

お金に相当困っていて、だれにも相談できないような状態になると、闇金の罠にはまりやすくなります。闇金はブラックリストに載っている人たち(信用情報に事故記録がある人たち)の情報をどこからか不正に入手してダイレクトメールを送ってきたりもします。

ブラックリストに載っていても借りられるというふうに言ってくるのは闇金ですから絶対に近付かないようにしてください。話だけ聞いてみようということで電話をかけるのも禁物です。言葉巧みに自分の個人情報を聞き出されしつこく付きまとわれることになります。ですから、すでにブラックリストに載っている方もそうでない方も絶対に闇金は利用しないでくださいね。

携帯電話の支払いが遅れたらブラックリストに載る?

ブラックリストに載るのは、個人再生や自己破産をしたときやキャッシングの支払いが遅延したときだけではありませんよ。携帯電話の支払いが遅れた時もブラックリストに載る可能性があるので気をつけてくださいね。

ふつう携帯電話を購入するときは、機種代金の分割払いを使用しますね。これはクレジット払いとなります。機種代金の支払いは毎月の電話代請求と一緒に行われるので、電話代を支払わなかったらクレジットの支払いの遅延となります。

 

信販会社やクレジット会社も信用情報機関の会員になっているので、電話代の遅延の情報は信用情報機関にも登録されます。

遅延した記録も信用情報機関に残りますが1、2回遅延しただけならブラックリストには載らないようです。ただ、3カ月遅延をするとブラックリストに載ってしまいます。いったん信用情報機関に3カ月以上の遅延の記録が残ると5年間は消えません。ですから、その間は金融機関からお金を借りたりクレジットカードを作ることができなくなります。

ですから電話代なら遅れて支払っても大丈夫なんて思わないでくださいね。ブラックリストに載らないためにも、月々の携帯電話の料金をきちんと期日までに支払いましょう。

キャッシングに関する情報はこちら→内緒で利用&即日融資OK!専業主婦でも借りれるカードローン特集