携帯電話の支払いが遅れたらブラックリストに載る?

ブラックリストに載るのは、個人再生や自己破産をしたときやキャッシングの支払いが遅延したときだけではありませんよ。携帯電話の支払いが遅れた時もブラックリストに載る可能性があるので気をつけてくださいね。

ふつう携帯電話を購入するときは、機種代金の分割払いを使用しますね。これはクレジット払いとなります。機種代金の支払いは毎月の電話代請求と一緒に行われるので、電話代を支払わなかったらクレジットの支払いの遅延となります。

 

信販会社やクレジット会社も信用情報機関の会員になっているので、電話代の遅延の情報は信用情報機関にも登録されます。

遅延した記録も信用情報機関に残りますが1、2回遅延しただけならブラックリストには載らないようです。ただ、3カ月遅延をするとブラックリストに載ってしまいます。いったん信用情報機関に3カ月以上の遅延の記録が残ると5年間は消えません。ですから、その間は金融機関からお金を借りたりクレジットカードを作ることができなくなります。

ですから電話代なら遅れて支払っても大丈夫なんて思わないでくださいね。ブラックリストに載らないためにも、月々の携帯電話の料金をきちんと期日までに支払いましょう。

キャッシングに関する情報はこちら→内緒で利用&即日融資OK!専業主婦でも借りれるカードローン特集

Comments are closed.