ブラックリストは永久?

自分はブラックリストに載っているからもうローンは組めないという人もいらっしゃるでしょう。確かにブラックリストに載せられている人は、金融機関も返済能力や信用性を疑いますので、審査に落ちてしまい、ローンを組むことができません。でも、一度ブラックリストに載ってしまったら永久にローンが組めないというわけではないんですよ。

 

なぜかというと、信用情報機関に登録されている事故情報は一定期間を過ぎると、抹消されるからです。登録される期間は信用情報機関によって多少異なりますが、JICCの場合なら、遅延、債権回収や債務整理、保証履行、強制解約、破産申立の記録は、5年たてば抹消されます。また申込の記録は、申込日から6ヵ月で抹消されます。ですから自己破産した方なら5年を過ぎれば、ブラックリストから名前が消されて借り入れができるということになりますね。

 

ただし、もう一つの信用情報機関である全国銀行個人信用情報センターの場合は、破産や民事再生の手続きが開始されたという事実は10年間登録されたままになっています。ですから、銀行のローンを組んで自己破産したり民事再生の手続きをした方は10年を過ぎてから申し込んだほうが無難ですよ。

 

こういうわけでラックリストに永久に記録が残るわけではないのですが、一定期間借り入れができなくなるので、やはり最初からブラックリストに載らないように計画的にお金を借りるのが一番ですね。

 

ブラックリスト入りしてしまうよくある原因の一つがクレジットカードの滞納です。支払いが滞るとブラックリストに登録されてしまうので注意が必要です。そのルールさえ守れればクレジットカードは非常に便利なので1枚は持っておくことをオススメします。

 

参考→即日発行ができるクレジットカードが紹介されているサイト

Comments are closed.