ブラックリストに載らないためには

一般に言うブラックリストというのは、警戒を要する人物や団体が記載されている一覧表のことですね。

ローンに関してよく言われるブラックリストというのも金融機関からすると警戒を要する、お金を貸したくない人のリストのことです。でも、実際にこのようなリストがあるわけではなく、ある人の債務整理などの記録が信用情報機関に登録さえた場合、その人はブラックリストに載せられたといういい方をします。

誰でもこのようなブラックリストには載せられたくないものです。では、ブラックリストに載らないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

 

一番いいのはお金を借りないことです。自分の経済能力の範囲内で、つつましく暮らすことです。もし、お金が足りないと思ったら、すぐに借金をするのではなく、節約するとか所有物を売るとかの方法を考えます。それもだめで、どうしてもお金を借りる必要があると思ったら、返済能力の範囲内で借りるようにします。

 

返済計画を十分に立てて確実に返せるようにします。ときどき自動車ローンは借金だと思っていない人がいるという話を聞きますが、そのような人は将来ブラックリストに載る可能性大です。

 

そして返済が遅れてもブラックリストに載りますので、遅延がないようにきちんと返済しましょう。また、1つの金融機関の審査に落ちたからと言って短期間に次々と申し込むといわゆる「申し込みブラック」になります。信用情報機関には、申し込みの記録も登録されるので、金融機関からすれば、申し込んでは審査に落ちている人にはお金を貸したくありません。ですから、一つのローンの審査に落ちたら少し期間を開けて申し込んだほうがいいですね。

 

信用情報機関について話してきましたが、実際にはめったに信用情報を見たりする機会はありません。

お金を借りたとしてもきちんと返済して延滞さえしなければ特に問題になることもないので安心して下さい。

私も1年ほど前にキャッシングをしましたが、何の問題もなく生活できています。というかキャッシングして助かりました。

その時に参考にしたHPがこれ→即日融資振込みOK!~大阪おばちゃんのキャッシング体験まとめ~

Comments are closed.