ブラックリストと過払い金請求

過払い金請求というのは、払いすぎた利息を金融機関から取り戻すための手続きですね。どうして過払い金請求というのがどうして必要になったかというと、2010年6月に改正貸金業法が施行されて金利の上限が利息制限法の範囲内である15%~20%になったからです。

 

でも法律が施行される前は、出資法の上限金利である29.2%で借りていた人もいます。そうするたくさんの利息を払っていたことになるので、その分を返してもらうように請求できるわけです。完済していても完済してから10年以内なら過払い金請求ができます。

 
ただ、過払い金請求をするとブラックリストに載るのではないかという心配もありますね。でも、必ずしもブラックリストに載るとは限りません。2010年からは、返済中であっても過払い金返還請求をして債務がゼロになり、支払い過ぎたお金も返還されたなら、個人信用情報機関には登録されないことになりました。

 

ただし、2010年以前に過払い金請求をした方はブラックリストに載っていることになります。また、2010年以降であっても過払い金請求をしても債務が残る場合は、ブラックリストに載ってしまいます。

でも、ブラックリストに載ったとしても債務が軽減されるなら、そのほうがいいんじゃないかと思います。返済に来る日んでいる方なら、自分の場合は過払い金請求ができるかどうか一度専門家に相談してみるのはいかがでしょう?

Comments are closed.