どんな人がブラックリストに載るのか?

もし、自分が人間関係に関するブラックリストを作るとしたら、どんな人たちをブラックリストに載せるでしょうか?たとえば、平気でうそをつく人、約束を守らない人、自己中心的な人、怒りっぽい人などいろいろあると思います。逆にホワイトリストに載せたいと思うのは、正直で、約束を守る人、相手の立場に立って物事を考えられる人などかもしれませんね。

では、金融機関がブラックリストに載せる人はどんな人でしょう?それは返済能力や信頼性の点で疑惑がある人ですね。たとえば、複数の金融機関から多額のお金を借りている、過去に何回も遅延がある、債務整理や自己破産をしたことがあるというような人です。

金融機関が借り入れ希望者の信用情報機関に信用情報の開示を求めて、そこに過去のはなはだしい延滞やその他の事故情報があれば、ブラックリスト入りすることは確実です。また、延滞や債務整理などはないものの、短期間に繰り返しローンの申し込みをしている人も金融機関から「相当お金に困っている人」と見なされブラックリスト入りです。

とはいえ、信用情報機関に事故情報が登録されている期間は5年から10年なので、その間にお金の賢明な使い方を学んで、返済能力も信頼性もある人になっていれば、ホワイトリストに載せられて、またお金を借りることは可能ですよ。

信用情報機関について詳しく解説されているサイト→専業主婦でも借りれるカードローン※内緒で借りる方法大公開!

Comments are closed.